エンタメ

飯豊まりえの生い立ちや家族構成は?兄弟や学生時代はどこの学校に通っていたの?

飯豊まりえの生い立ちや家族構成は? 学生時代はどこの学校に通っていたの?

ここ数年テレビドラマによく出演されるようになった飯豊まりえさん。

最近まで、NHK朝ドラ『ちむどんどん』でヒロイン黒島結菜さんの女友達&恋のライバル?として重要な役どころを演じられていました。

現在では、7月スタートの深夜枠の日本テレビ系ドラマ『オクトー〜感情捜査官 心野朱梨〜』で主役の女性刑事・心野朱梨(しんのあかり)を演じています。

飯豊まりえさんですが、小学生の頃からモデルとして活動され、中学で女優としてデビューされています。

透き通った肌で爽やかな印象の飯豊まりえさんはどんな生い立ちだったのか気になる方も多いと思います。

そこで、生い立ちや家族構成、兄弟について詳細に調べてみました。

また、学生時代はどこの学校に通っていたのかも合わせて調べてみました。

ここでは、飯豊まりえの生い立ちや家族構成は?兄弟や学生時代はどこの学校に通っていたの?と題して、詳細にお送りしていきます。

 

飯豊まりえの生い立ちと家族構成

飯豊まりえ 生い立ち 家族構成

飯豊まりえさんは、雑誌モデルから女優となり、2013年に『獣電戦隊キョウリュウジャー』で弥生ウルシェード / キョウリュウバイオレット役として出演、2017年に映画『暗黒女子』で清水富美加さんとW主演を務めるなど、少しずつ注目されるようになります。

2015年朝ドラ『まれ』の終盤で出演し、特に注目度が高まったのが、2020年、2021年放送のNHKドラマ『岸辺露伴は動かない』ではないでしょうか?

 

 

まずは、プロフィールを簡単に紹介し、生い立ちと家族構成についてお話していきます。

 

飯豊まりえのプロフィール

  • 本名・旧芸名: 飯豊 万理江
  • 愛称:まりえってぃ
  • 生年月日: 1998年1月5日
  • 現在の年齢:24歳
  • 出身地:千葉県千葉市
  • 身長: 167 cm
  • 血液型: B型
  • 職業: 女優・ファッションモデル
  • ジャンル: テレビドラマ・映画・雑誌
  • 活動期間: 2008年 ~
  • 事務所: エイベックス・マネジメント

参考元:Wikipediaエイベックス・マネジメント

 

飯豊まりえの生い立ちについて

飯豊まりえさんは千葉市出身で、1998年生まれの24歳です。

お父さんお母さんから大切に育てられ、今もとても仲の良い家族のようです。

2018年11月(20歳)の新作振り袖お披露目会「飯豊まりえトークショー」で、子供時代のことをこのように語っています。

お洋服は大好きでした。

母親がお洋服大好きなので、母と毎日のように、今でもなんですが、前日に洋服をいっぱい着てファッションショーをして、母が「いいよ」って言ったお洋服を着るんです。

母がいないと何も決められない女の子でした。

参考元:モデルプレス

お母さんと一緒にファッションショーをして、洋服を選ぶだなんて、お母さんと仲がいい証ですよね!

また、お父さんについては、20歳の誕生日にお父さんと2人で旅行に出かけたことをお話ししています。

20歳の誕生日に、父と2人で旅行に行きました。

10代の時から、20歳で最初にお酒を飲むときは父親と一緒に飲みたいと思っていたので、私から「一緒に旅行に行かない?」と父を誘いました。

父と2人での旅行は幸せな時間で、ずっと忘れないだろうなって思います。

参考元:モデルプレス

お父さんと2人で旅行に出かけ、お酒を一緒に飲みたいと思っていたというお話も、お父さんと仲がよく、愛されて育ったことが分かりますよね!

左下の写真は七五三の時の写真だそうなのですが、顔がお父さんにとても似ているとお話しています。

飯豊まりえ 七五三と大人の着物姿飯豊まりえさんの幼少期の七五三での着物姿と成人後の着物姿

 

※生い立ちの詳しい内容については、「学生時代はどこに通っていたの?」の項目で説明していきます。

スポンサーリンク


 

飯豊まりえの家族構成と兄弟について

飯豊まりえさんの家族は、お父さん、お母さん、まりえさんの3人家族です。

兄弟姉妹はいらっしゃらないそうです。

一人っ子なので、とても可愛がられて育てられたようです。

 

飯豊まりえの家族は金持ちなの?

飯豊まりえさんの家族はお金持ちだという噂があります。

その理由は、中学生の頃に専属モデルをつとめていた雑誌「nicola」で紹介されたことがあるからだそうです。

  • 私服の特集企画でまりえさんが着ていた私服が、「リトルリリー」というブランドで、上下の洋服の合計が4万円ぐらいするらしい。
  • その洋服の写真と一緒に写っていたのは、中学生のまりえさんがお母さんからもらったお下がりのルイ・ヴィトンのショルダーバッグだった

これらの理由から、実家は金持ちだと噂されるようになったそうです。

また、「nicola」で同じ時期の専属モデルだった藤田ニコルさんも、飯豊まりえさんの実家がお金持ちだと2018年11月今夜くらべてみました」の番組内で証言しています。

当時のニコルさんのご実家は、裕福な家庭ではなかったため、nicolaモデルの時に着ていく服がなくて困っていたそうです。

そんな時にまりえさんから「要らない服が沢山あるから、この中から好きな服を選んでいいよ」と言われたそうです。

これらのいくつかの理由から、飯豊まりえさんはお金持ちの家庭の育ちなのだと言えそうです。

スポンサーリンク



 

飯豊まりえの父親の職業

まりえさんのお父さんの職業は、ガソリンスタンドを経営しているとか、損保ジャパンの役員をしているという噂があります。

ガソリンスタンドの経営をされているかどうかは確かな情報は探すことが出来ませんでした。

損保ジャパンの役員では?という噂は、日刊自動車新聞の2019年2月27日に飯豊氏の名前が掲載されているのと、2022年現在の役員名簿に載っているからです。

以下のリンクをご覧ください。

日刊自動車新聞2019年2月27日

損保ジャパン役員一覧2022年7月1日付

2022年7月1日時点では、損保ジャパン役員一覧の中に飯豊氏の名前があり、「代表取締役副社長 執行役員」と記載されています。

年収については、分かりませんでしたが、一般の家庭に比べれば裕福な家庭だと思われます。

職業については信憑性があるわけではないので、確かな情報ではありません。

しかし、お父さんの職業が確かなら、飯豊まりえさんのご実家(ご家族)は、裕福な家庭だということになりますよね。

 

飯豊まりえは学生時代はどこの学校に通っていたの?

飯豊まりえ 生い立ち 家族構成

飯豊まりえさんは千葉市出身なのですが、どこの学校に通っていたのでしょうか?

小学生の頃からを調べてみました。

 

飯豊まりえの小学校時代(2004年~2010年)

飯豊まりえさんが通っていた小学校がどこなのかは明らかにされていません。

中学校の学校区からたどると、以下の3つの小学校のどれかになるそうです。

  • 千葉市立生浜小学校(おいはましょうがっこう)
  • 千葉市立生浜東小学校
  • 千葉市立生浜西小学校

この中では、生浜西小学校の可能性が高いと言われています。

まりえさんは幼い頃から芸能界に憧れていたそうで、2008年10月、小学校5年生の頃に『avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション』で約800人の応募の中からグランプリを受賞しています。

グランプリを受賞する前までは、ご両親は、芸能界に入ることに賛成していなかったそうです。

しかし、グランプリを受賞してから、徐々にご両親の気持ちが変わっていったそうです。

2009年、小学生向けのファッション誌『ニコ☆プチ』の専属モデルとしてデビューしました。

この頃は本名の飯豊万理江の名前で活動を始めています。

小学校6年生の時の飯豊さんは、身長が163cmあったそうで、クラスで一番走るのが速く、リレーの選手に選ばれていたそうです。

 

飯豊まりえの中学校時代(2010年~2013年)

2010年、まりえさんは、「千葉市立生浜中学校」に入学します。

中学校では、部活動には入らなかったそうです。

モデル活動や芸能活動があったからだと思います。

2011年2月に芸名を飯豊まりえに改名し、2011年6月号から『ニコ☆プチ』の姉妹雑誌『nicola』へ移籍し、専属モデルを務めます。

まりえさんが14歳の時に、2012年4月放送『世にも奇妙な物語 ’12春の特別編』で、ドラマ初出演し、女優デビューをしました。

中学校時代を楽しく過ごしたようで、卒業式では泣いてばかりだったそうです。

スポンサーリンク


 

飯豊まりえの高校時代(2013年~2016年)

2013年4月に日出高等学校(現在の目黒日本大学高等学校)に入学します。

高校1年生の時に、2013年4月から放送の『幽かな彼女』(かすかなかのじょ)で連続ドラマ初出演をします。

その後、2013年『獣電戦隊キョウリュウジャー』で、第21話より、弥生ウルシェード / キョウリュウバイオレット役として出演し、少しずつテレビに出演するようになっていきます。

2014年高校2年の時に、雑誌『Seventeen』で専属モデルになります。

 

2015年17歳の時に、朝ドラ『まれ』に出演し、少しずつ注目されるようになります。

日出高等学校での同級生には、玉城ティナさんや元AKB48の平手梨奈さんなどがいます。

 

高校時代のエピソード

学業と仕事との両立で多忙な生活を送っていたようですが、念願だった修学旅行では「友達とたくさん思い出を作れました」と話しています。

修学旅行については、まりえさんは強い思いがあったようで、『高校生新聞 ONLINE』でこのように話しています。

小学校5年生の時に芸能活動を始めたので、仕事の都合で、小学校・中学校の学校行事に参加できないことが多かったんです。

だから、高校受験の面接では、『高校の修学旅行に参加するのが目標の1つなんです。』と強い思いを面接官に伝えました。

面接官からは「学業も仕事と同じくらい大切なことだよ」と言われ、「学校もおろそかにしない」と気持ちを引き締め直しました。

修学旅行に行く年の高校2年生の担任の先生が、当時の面接官でした。

高校2年の終わりに、担任の先生から、『君を修学旅行に絶対に連れていきたかった。希望をかなえられて良かったね!』と声をかけられ、胸が詰まりました。

『面接時の私の思いをずっと覚えてくれていたことはとても嬉しかったし、感謝しています』

参考元:高校生新聞 ONLINE

このように、芸能界の華々しい世界で生きているように見えますが、実際は学生時代は仕事との両立で苦労し、悩んでいたんですね。

学校行事に参加できなかったことに残念な気持ちを抱きながらも、学校生活を最後まで頑張り続けた姿は素晴らしいですよね!

スポンサーリンク



まとめ

飯豊まりえ 生い立ち 家族構成

以上、飯豊まりえの生い立ちや家族構成は?兄弟や学生時代はどこの学校に通っていたの?と題してお送りしました。

飯豊まりえさんの穏やかな育ちの良さそうな雰囲気の理由が分かりましたね!

ご家族からとても愛されて、いい環境で育ってきたことがよく分かりました。

兄弟がいなくて一人娘さんだというのは驚きましたが、だからこそお父さんお母さんに愛されて育ってきて仲がよく、柔和な雰囲気が漂っているのかもしれませんね!

学生時代は、学校と芸能活動との両立で大変だった時期があったかと思いますが、今までの飯豊まりえさんの女優としての実績や評価に繋がっているのではないでしょうか?

飯豊まりえさんは、これからも様々な役を演じ、注目されていく女優さんだと思います。

益々のご活躍を応援しています。