【原作:桜庭一樹】1971年生まれ。99年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第1回ファミ通エンタテインメント大賞に佳作入選しデビュー。2007年に『赤朽葉家の伝説』で第60 回日本推理作家協会賞、08 年に『私の男』で第138回直木賞を受賞。幅広いジャンルで活躍する、今最も注目を集める女性作家の一人。
【監督:宮地昌幸】1976年生まれ。『千と千尋の神隠し』(宮崎駿監督)の助手を皮切りに、「OVERMAN キングゲイナー」(富野由悠季監督)の演出、その他多数の作品に携わり、2008年「亡念のザムド」で監督を務める。
【脚本:大河内一楼】1968年生まれ。早稲田大学在学中より、編集アルバイト、フリーライターを経て、「少女革命ウテナ」「機動戦艦ナデシコ」などの小説を執筆。現在はアニメーションのシリーズ構成・脚本をメインに活躍。代表作は、『ブレイブ ストーリー』「コードギアス 反逆のルルーシュ」など。
【ビジュアルイメージ:Okama】1974年生まれ。ゲーム制作会社タムタムでCGを学び、同人活動を経て、1998年「快楽天」(ワニマガジン社)よりデビュー。漫画の他に、アニメのキャラクター及び衣装のデザイン、雑誌の表紙イラストなども手掛ける。代表作は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(デザインワークス)など。
【人物設計:橋本誠一】中村プロダクション出身。中田栄治氏に師事し、「COWBOY BEBOP」「るろうに剣心明治剣客浪漫譚」「機動戦士ガンダムUC」など多数の作品の原画を担当。「OVERMAN キングゲイナー」(富野由悠季監督)で作画監督デビュー。近作では、2008年「亡念のザムド」で、デザイン・作画監督としてメインで携わった。
【音楽:大島ミチル】国立音楽大学在学中から作曲家としての活動を始め、映画、CM、TV番組、アニメーション、施設音楽など様々な分野で活躍。代表作は、「鋼の錬金術師」「天地人」など。
【主題歌:Chara 「蝶々結び」(Ki/oon Music)】1991年9月、シングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感で人気を得て、ファッションアイコンとしても注目を集める。1997年のアルバム「Junior Sweet」は百万枚を超えるセールスを記録。昨年、デビュー  20 周年を迎え、未だ制作意欲の衰えを見せる事なく作品発表を続けている。
ページの先頭に戻る