「南総里見八犬伝」を桜庭一樹が新解釈! 伏姫が宿した八人の子は生まれ、その血は連綿と受け継がれていた――。

桜庭一樹による小説が初の劇場用アニメーション映画化! 「南総里見八犬伝」を新解釈して生まれた“大江戸ブレードランナー”とも呼ぶべき原作を、アニメーション映画ならではのエンターテイメント性を追求し、大胆にアレンジ。豪華スタッフがファンタジックで活気溢れるワンダーランドを作り上げます。
ページの先頭に戻る